高齢者の7割、将来に不安=健康、介護、収入で−内閣府調査(時事通信)

 内閣府は2日、60歳以上を対象に実施した「高齢者の日常生活に関する意識調査」を発表した。将来の生活に不安を感じるか聞いたところ、5年前の前回調査より4.0ポイント多い71.9%が「不安を感じる」と回答。具体的に不安に感じる点(複数回答)のトップは、「自分や配偶者の健康や病気」が77.8%。以下、「介護」52.8%、「生活のための収入」33.2%と続いた。
 不安を感じる人の内訳は、「とても感じる」15.6%(前回比1.5ポイント増)、「多少は感じる」が56.3%(同2.5ポイント増)。家計が苦しいと感じている人の9割以上は将来の不安を訴えた。
 また、「おしゃれをしたい」と答えた人は60.2%(同6.8ポイント増)。女性は70.3%(同4.5%増)に上り、高齢者のおしゃれへの関心度が高まっていることも浮き彫りになった。
 一方、内閣府は同日、「高齢者の地域におけるライフスタイルに関する調査」も発表。それによると、「孤独死を身近に感じる」と回答した人は42.9%。単身世帯では64.7%に達した。 

【関連ニュース】
自殺者最多は3月1日=休日は減る傾向
「科学技術で解決」は75%=環境や食糧問題
今後5年はデフレ見込む=上場企業の成長率見通し
殺人時効、54.9%が「短い」=死刑容認は増加
生活満足度「低下」が36.4%=内閣府調査

パラマウント誘致にご執心 橋下知事が怒鳴りつけた相手とは…(産経新聞)
名古屋市議会 減税条例修正案を可決 市長と全面対決に (毎日新聞)
長官銃撃 「オウムのテロ」断定 警視庁 異例の捜査結果公表(産経新聞)
【あれから、15年 警察庁長官銃撃事件】(上)迷走の初動捜査(産経新聞)
郵政改革案「世界に笑われる」=自民・大島氏(時事通信)
[PR]
# by 8bnfouj6q6 | 2010-04-02 22:59

海洋汚染の確認は514件=2009年の海保まとめ(時事通信)

 海上保安庁は25日、2009年中に同庁が確認した海洋汚染のまとめを発表した。
 それによると、油の流出や廃棄物の浮遊などの海洋汚染の確認は514件で、前年より41件少なかったが、2年連続で500件を超えた。
 原因は、給油時のバルブ取り扱いミスなどのヒューマンエラーが42%を占めており、同庁は関係者に注意を呼び掛けている。 

小沢氏、自身への批判に参った? 「人のせいにするな」と訓示 (産経新聞)
冷凍ギョーザ販売した生協連「真相解明望む」 容疑者拘束で(産経新聞)
元家裁書記官詐欺事件で懲役11年の判決 さいたま地裁(産経新聞)
バーナーで何らかのガスに引火か 兵庫・姫路の爆発事故(産経新聞)
ツイッターの信頼性 “なりすまし”防ぐ機関設立を(産経新聞)
[PR]
# by 8bnfouj6q6 | 2010-03-31 12:26

仏像頭すげ替え訴訟、復元不要の判決…知財高裁(読売新聞)

 江戸時代から信仰を集め、「駒込大観音」として知られる東京都文京区の光源寺の観音像を巡り、制作した仏師の遺族が「同意なく像の頭をすげ替えられた」として、同寺などを相手取り、元に戻すことや謝罪広告の掲載などを求めた訴訟の控訴審判決が25日、知財高裁(飯村敏明裁判長)であった。

 1審・東京地裁は元の頭部に戻すように命じたが、同高裁は戻す必要はないとした上で、事実関係を記した広告を宗教専門紙などに掲載するよう命じた。

 判決によると、先代の住職は1987年、観音像の再建を仏師に依頼。93年に完成したが、にらみつけるようなまなざしに見えることから、参拝者らから「慈悲深い顔にしてほしい」といった声が上がった。このため現住職が2003〜06年、仏師の弟子に依頼し、頭部を作り直してすげ替えた。判決は、すげ替えについて著作権侵害を認定。そのうえで、「頭部を新たに制作し交換した行為には相応の事情があった」と述べ、元に戻す必要まではないと判断した。

SOPHIAがライブ活動休止(時事通信)
<運転見合わせ>JR山手線など3線 立ち往生も(毎日新聞)
郵政改革の骨格発表へ=郵貯限度額を引き上げ−政府(時事通信)
外相、28日から米・カナダ訪問=普天間移設、検討状況説明へ(時事通信)
福島氏、閣僚懇でホワイトビーチ案を批判(産経新聞)
[PR]
# by 8bnfouj6q6 | 2010-03-29 11:59

余ったワクチンは国が買い取って 自民議連が要望(産経新聞)

 新型インフルエンザワクチンが国内で大量に余り、医療機関や医薬品卸業者などでも在庫が出ていることを受け、自民党ワクチン政策議員連盟は23日、厚生労働省に対し、医療機関などの在庫ワクチンの買い取りを求める要望書を提出した。

 ワクチンは国産と輸入を合わせると約1億3千万人分が余っており、大量にワクチンを購入した医療機関などで在庫が出る見通し。

 副会長の塩崎恭久衆院議員は「多くの医療機関は、国の方針に協力してワクチンを購入している。国も対策を考えるべきだ」と訴えている。

【関連記事】
新型インフル向けワクチン234万人分、今月末に期限切れ
インフルエンザ予防にビタミンDが効果的 魚やキノコ 
“ワクチン後進国”脱却へ
新型インフル 来季は季節性と同時に接種
輸入ワクチン9900万回分行き場なし
20年後、日本はありますか?

水俣病未認定救済、首相が和解案受け入れ表明(読売新聞)
社会医療法人、83法人に(医療介護CBニュース)
民主・生方議員、街頭演説で小沢氏辞任求める(読売新聞)
メラトニン遺伝子変異で雄が早熟=体内時計担うホルモン−実験用マウスで発見・理研(時事通信)
【新・関西笑談】最高のウイスキーを求めて(3)(産経新聞)
[PR]
# by 8bnfouj6q6 | 2010-03-26 23:54

看護師を殺人未遂容疑で再逮捕へ=京大病院インスリン投与−府警(時事通信)

 京都大医学部付属病院で昨年11月、心疾患で入院していた女性患者(94)が一時意識不明となり、治療に必要ない高濃度のインスリンが血液から検出された事件で、看護記録に虚偽の血糖値を入力したとして、公電磁的記録不正作出容疑などで逮捕された同病院看護師の木原美穂容疑者(24)=京都市左京区吉田下阿達町=がインスリン投与を認める供述をしていることが19日、捜査関係者への取材で分かった。府警は近く殺人未遂容疑で再逮捕する。
 病院の発表によると、女性は昨年11月14〜16日、3日連続で低血糖発作を起こし一時意識不明となった。木原容疑者は、女性に生命の危険があることを認識しながら血糖値の数値を偽装して、看護記録には正常値を記入、容体が急変した後に低血糖に気付いたふりをして治療に加わったという。 

【関連ニュース】
救急救命士の業務拡大へ=ブドウ糖投与など3項目
糖尿病でアルツハイマー早期発症=悪循環で進行、仕組み解明
京大病院看護師を逮捕=データ虚偽入力容疑
自称霊能力者ら再逮捕=女性に薬物、殺人容疑など
自称霊能力者ら再逮捕へ=介護女性に薬物、殺人容疑

<消えた年金>第三者委の廃止検討 総務省は行政評価に集中(毎日新聞)
地方分権改革、早急実現を=最終会合で政府にクギ−分権委(時事通信)
線路にアンテナ投げ込まれる…山手線事故(読売新聞)
九州新幹線の線路工事完了=東京−鹿児島間1本に−熊本(時事通信)
<公明党>参院選「他党候補推薦せず」発言を撤回 山口代表(毎日新聞)
[PR]
# by 8bnfouj6q6 | 2010-03-25 09:48