<地震>福島、茨城などで震度3=午後6時53分(毎日新聞)

 22日午後6時53分ごろ、福島、茨城、栃木県内で震度3の地震を観測した。気象庁によると、震源地は茨城県北部。震源の深さは60キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.6と推定される。この地震による津波の心配はないという。

 各地の主な震度は次の通り。

 震度3=福島県白河市、矢祭町、玉川村、茨城県日立市、水戸市、常陸太田市、ひたちなか市、東海村、大子町、土浦市、石岡市、栃木県真岡市、益子町、那須烏山市

【関連ニュース】
地震:山口県で震度4=午前11時50分ごろ
地震:福島県などで震度3=午前9時57分ごろ
地震:釧路市などで震度2 午前10時15分ごろ
地震:東京、千葉、神奈川で震度3=17日午前4時59分
地震:大阪・高槻などで震度3=午前7時34分ごろ

もんじゅ再開へ協議申し入れ=地元福井県などに−原子力機構(時事通信)
水道工事業者がお手柄 秋川消防署が感謝状(産経新聞)
男子高生が4歳児救出=団地火災、現場通りがかり−京都(時事通信)
<雑記帳>占いカードで足利学校を知る(毎日新聞)
中学生4人お手柄、火災民家から女児2人を救う 大津(産経新聞)
[PR]
# by 8bnfouj6q6 | 2010-02-28 10:17

就職内定率 高校生は74.8% 下げ幅過去最大(毎日新聞)

 文部科学省は23日、今年3月卒業予定の高校生の09年12月末現在の就職内定率は74.8%と発表した。08年同期に比べ7.5ポイント減となり、この時期としては過去最大の下げ幅となった。文科省によると、76年の調査開始以来、同時期の前年比下落幅は98年の5.7ポイント減がこれまでの最大で、内定率は02年の66.3%が最低。一方で、前回調査(09年10月末現在)の前年同期比下げ幅11.6ポイントからは改善が見られた。

 国公私立高校の卒業予定者107万4561人のうち、就職を希望するのは18万3223人で、13万7128人が内定を得た。

 男女別内定率は、男子が79.7%(08年同期比7.3ポイント減)、女子が68.5%(同7・8ポイント減)。男子2万1224人、女子2万4871人が未内定者。学科別内定率が低いのは、看護50.0%、普通65.1%、家庭69.7%。最も高いのは工業で88.4%。都道府県別で内定率が高いのは富山91.0%、福井88.7%、岐阜87.2%の順。低いのは沖縄46.0%、北海道56.2%、宮城62.9%、神奈川67.6%、大阪67.9%の順だった。【本橋和夫】

【関連ニュース】
就職内定率:高卒86.6% 1月末前年比、3.8ポイント下回る /秋田
県:未内定者対象、高校生の就職支援 臨時職員60人募集 /茨城
雇用情勢:企業の高校生採用調査、「可能・検討」1割弱−−福岡市 /福岡
就職内定率:今春高卒、76.7% 過去5年で最低−−労働局調べ /福島
福島市:高卒就職対策、未定者を事業所“派遣” 手当6000円を支給 /福島

【from Editor】「慣用」とどう向き合うか(産経新聞)
護送中、被疑者自宅に立ち寄り…警官2人処分(読売新聞)
首相発言「大きな後押し」 夫婦別姓で法相(産経新聞)
<プルサーマル計画>佐藤知事、福島第1原発3号機に導入へ(毎日新聞)
小学館社長かたりモデル志望の女性騙す 「誕生日プレゼントを…」と現金詐取 逮捕 (産経新聞)
[PR]
# by 8bnfouj6q6 | 2010-02-26 15:07

予算案の成立 年度内にめど(産経新聞)

 衆院予算委員会は17日、平成22年度予算案採決の前提となる中央公聴会の24日開催を与党の賛成多数で決めた。予算案の衆院通過は、与党が目指した2月中から3月初旬にずれ込む見通しとなったが、年度内成立にはめどがついた。一方、自民党は鹿野道彦委員長(民主)の解任決議案を提出し抵抗を強めている。

 民主党は17日の予算委理事会で24日に中央公聴会、22、26両日に集中審議を行う日程案を野党側に提示した。3月1日に予算案を採決し衆院通過を図る。その場合、予算案は憲法の規定で参院送付後30日で自然成立するため、年度内成立が決まる。

郵政民営化で解雇不当訴訟の請求棄却 大阪地裁(産経新聞)
東京地検に銃弾? 届く=小沢氏逮捕求める文書も−脅迫容疑で捜査・警視庁(時事通信)
依然ほとんどが新型も、B型が微増―インフルエンザで感染研(医療介護CBニュース)
<脱税>マッコリ輸入卸業者を在宅起訴 2年で4400万円(毎日新聞)
トランス社債権譲渡で黒木容疑者 社長に事後承認要求 (産経新聞)
[PR]
# by 8bnfouj6q6 | 2010-02-25 13:32

相場操縦の元早大生ら、利益はキャバクラや賭博に(読売新聞)

 早稲田大の投資サークルOBらによる相場操縦事件で、金融商品取引法違反に問われた元早大生の会社手伝い、松村直亮被告(28)ら3人の初公判が19日、東京地裁であり、いずれも起訴事実を認めた。

 検察側は、不正に得た利益などは、高級マンションの家賃や高級外国車の購入費に充てたほか、キャバクラで1日500万円を使ったり、旅行先の米・ラスベガスでルーレット賭博に1回800万円を賭けたりしていたなどとする内容の3被告の供述調書を読み上げた。

 ほかに同法違反に問われたのは、松村被告の弟で会社手伝いの孝弘(25)、元早大生の会社役員、三浦幹二(28)の両被告。

 起訴状などによると、3人は2006年6月、日立造船など2社の株価をつり上げるため、実際は買う意思がないのに大量の買い注文を出す「見せ玉(ぎょく)」という手口で値上がりさせて事前に購入した株を売り抜け、約740万円の利益を得た。

【お財布術】「確定申告」編 退職や副業…還付も(産経新聞)
1人当たりの医療費 広島52万円 沖縄33万円(産経新聞)
複数分野束ねる「基礎番号」検討=社会保障と税の共通制度で−第2回検討会(時事通信)
<訃報>黒木三郎さん88歳=早稲田大名誉教授、法学専攻(毎日新聞)
<火災>高校生が4歳児救出 排水管から2階へ(毎日新聞)
[PR]
# by 8bnfouj6q6 | 2010-02-24 05:12

<国公立大入試>確定倍率は4.9倍 7年ぶり志願者増(毎日新聞)

 文部科学省は19日、今春の国公立大2次試験の確定志願倍率が前年度比0.1ポイント増の4.9倍になったと発表した。一般入試の募集人員10万12人に対する確定志願者数は前年度より1万4255人多い48万9275人で、7年ぶりに増加した。国立の志願倍率は同0.1ポイント増の4.5倍、公立は同0.3ポイント増の6.7倍。不況を反映するとともに、地元受験者に入学金を安くするなど費用負担が比較的軽い公立大に人気が集まったとみられる。

 また公立大の薬・看護学部が同0.7ポイント増の6.2倍、国立大の教員養成学部が同0.4ポイント増の4.6倍となるなど資格を取得できる学部の倍率の伸びが目立ち、就職難も反映したとみられる。

 センター試験の得点で受験者数を絞る「2段階選抜」は、前期日程で国公立大16校28学部が実施し、2922人が不合格となった。一方、2段階選抜の取りやめや実施倍率緩和などで524人が「門前払い」を免れた。

 前期日程は25日から、中期日程は3月8日以降、後期日程は同12日以降に行われる。【本橋和夫】

【関連ニュース】
明治大:志願者数日本一に 早大のV12阻止
立教大:理学部入試でミス
国公立大2次試験:志願倍率は4.7倍 出願締め切る
国公立大2次試験:志願倍率1.0倍…中間集計
センター試験:追試、過去最多の972人

車内で男性が拳銃自殺? 身元確認急ぐ 東京・足立(産経新聞)
<中3自殺>「兆候に対応せず」両親が千葉の私立中を提訴(毎日新聞)
医療クラークの業務拡大「期待したい」(医療介護CBニュース)
五輪カーリング 近江谷選手、2代挑戦「父の5位超える」(毎日新聞)
小沢幹事長「検察捜査に勝るものない」 不起訴受け強気一辺倒(産経新聞)
[PR]
# by 8bnfouj6q6 | 2010-02-23 01:20